TEL : 048-285-2733
〒334-076 埼玉県川口市本蓮2-8-12
作業事例

300Cタイヤ交換

こんばんは。
澁谷です。

先日300Cのタイヤ交換を行わせて頂きました。
作業前お客様が、
『高速道路走ってきたら振動が凄かった』
とおっしゃっており、タイヤを拝見しましたら、
ひび割れ&内部剥離によるセパレーションを起こしていて
大変危険な状態でした。

お話を聞く限り、原因は恐らく空気圧過大と思われます。
装着タイヤが30偏平なので3.0キロ以上充填されていたようで、
作業前に内圧を確認しましたら3.8キロまで上がっていました!

作業後にお客様にその旨をお話させて頂き、
空気圧のアドバイスをさせて頂きました。

偏平タイヤですと空気圧を高めに充填しがちですが、
タイヤにも最大内圧が設定されており
設定圧を超えてしまうと大変危険です。
そしてこれからの暑い時期は内圧が上がる傾向になりますので
今一度タイヤの使用方法や空気圧をご確認下さい。

ご利用誠にありがとうございました。
またのご来店お待ちしております。

image1

ワールドタイヤサービス
〒334-0076
埼玉県川口市本蓮2-8-12
TEL:048-285-2733
持込タイヤ交換・車検


300C タイヤ交換 車体振動 ホイールバランス

こんばんは。
オオカワです。

本日、K様のBMW1シリーズのタイヤ交換を行わせていただきました。

ここで!
車には、メーカーで推奨するタイヤ空気圧を示すラベルが車両のどこかに貼られているかと思います。
国産車では、運転席ドアを開けたドア側やBピラー側。
一部の外国車では、給油口の蓋の裏側など。。。
BMWでは、運転席ドアを開けたBピラー側に貼ってあります。(一部の古い車種を除き)

ほとんどのメーカーは、タイヤサイズによって推奨空気圧が記載されていますが、
BMWはタイヤサイズのみならず、『軽積載時』と『重積載時』の表示もあります。

乗車人数や荷物の積載量が変われば、タイヤに掛かる負担も変化します。
同じ空気圧でも、重量が増えればタイヤの潰れ具合が増え乗り心地が変化すると思います。

BMWでは、上記のように車両状況が変化しても一定した走りが出来るように細かく設定値が分けられています。
他のメーカーではここまで分けられてはないと思います。

『駆け抜ける歓び』とキャッチコピーを出しているメーカーらしく
運転することを楽しくする為に細かいところまで考えられていますね(^^)

IMG_5343

ワールドタイヤサービス
〒334-0076
埼玉県川口市本蓮2-8-12
TEL:048-285-2733
持込タイヤ交換・車検


デュランゴ ホイール交換

こんばんは。浅尾です。

先日、デュランゴのK様よりオーダー頂いてました
グランドチェロキーSRT8のOEMホイールが届きましたので、
タイヤの組み込みと同時にTPMSの取り付けも行いました。

OEMホイールはオフセットのラインナップが少ないですが
今回はデュランゴのオフセットに近いサイズをチョイスし
グランドチェロキー用をデュランゴへ取り付け予定です。

OEMホイールですので純正品よりお安く、お車の雰囲気を崩すことなく
グレードアップすることが可能です。
事故などでホイールを破損してしまった場合や社外ホイールなどの
ギラギラ感が苦手な方などにオススメです!

弊社ではタイヤに限らず、OEMホイールのオーダーも受け付けております。
気になる方は、弊社までお問い合わせ下さい。

IMG_0492IMG_0491

ワールドタイヤサービス
〒334-0076
埼玉県川口市本蓮2-8-12
TEL:048-285-2733
持込タイヤ交換・車検


グランドチェロキーアライメント調整

こんばんは。
澁谷です。

先日QUAD DRIVEにてグランドチェロキーの整備、
ローダウンスプリングをインストールした為アライメント調整を行わせて頂きました。

アライメントの段取りですが、
調整(測定)前のテスト運転→数値測定→足廻り調整→再度数値測定→テスト運転
ざっくりではありますが。笑

重要なポイントがタイヤの状態です。
今回調整させて頂きましたグランドチェロキーのタイヤですが、まだ走行距離も少なく溝もしっかりあり、
偏磨耗もありませんでしたのでアライメント調整させて頂きましたが、
仮にタイヤが偏磨耗している状態では正確な(車両に合わせた)セッティングは出来ません。
QUAD DRIVEではデータに合わせたセッティングはもちろん、車両に合わせたセッティングを行う為、
タイヤ溝の状態は大変重要です!
偏磨耗したままセッティングしてしまいますと更に偏磨耗に繋がり、尚且つタイヤを変えた際にまたセッティングが
狂ってしまいます。

タイヤの減り方は足廻りの変化にも気づかせてくれる大変重要な部分です。
小まめに空気圧調整やタイヤの磨耗状態をチェックしてみてください。

ご利用誠にありがとうございました。
またのご来店お待ちしております。

IMG_4780

ワールドタイヤサービス
〒334-0076
埼玉県川口市本蓮2-8-12
TEL:048-258-2733
持込タイヤ交換・車検


VOSSEN ホイール 軽点シール

こんばんは。
澁谷です。

お客様より承っておりましたタイヤとホイールが到着致しましたので組み込みさせて頂きました。
ホイールは弊社でも人気の高いVOSSEN CV5です!

1度は見たことある方が多いと思いますが、タイヤには軽点(黄色マーク)、ユニフォミティーマーク(赤色)がありそれぞれに意味があります。
軽点→その名の通りタイヤの一番軽い場所で一般的にタイヤを組み込む際にはエアバルブに合わせます。(これはエアバルブがホイールの一番重い部分に当る為)
この作業によりバランスが取れ、ウェイトの量も少なくできます。
ユニフォミティーマーク→タイヤ外形がもっとも大きい部分になり、ここ最近は減少してますが、ホイールに合わせマークがあり(ホイール外形がもっとも小さい部分)そこに合わせて組むとキレイな真円に組み上げることが出来ます。

そして、VOSSENのホイールはエアバルブに軽点を合わせるのではなく、メーカーが指定している場所に軽点を合わせるようになっております。
これは、製造段階で微妙ながら材質の偏りができるため、バランスチェックの段階でホイールの一番重い部分を算出し、そこにあわせる事によりもっともバランスが取れるようにできています。

最近ではタイヤに軽点とユニフォミティーマークが無いものが増え、タイヤ製造段階での精度が高くなってきたことが分かります。
タイヤとホイールのバランスは走行上大変重要ですので是非タイヤ交換の際には気にされてみて下さい!

IMG_4689

軽点

ワールドタイヤサービス
〒334-0076
埼玉県川口市本蓮2-8-12
TEL:048-258-2733
持込タイヤ交換・車検