TEL : 048-285-2733
〒334-076 埼玉県川口市本蓮2-8-12
作業事例

22インチ エア漏れ修理

こんばんは。
澁谷です。

先日、業者様よりエア漏れ修理でお預かりし作業いたしました。

社外のメッキホイールや、純正のメッキホイールでよく見受けられるのが
このメッキ浮き+腐食です。
原因としてはエアーを充填する際、エアドライヤー無しの
コンプレッサーから微量ながら入ってしまう水分です。
※腐食がなくてもメッキ浮きが起きていると
段差が出来てしまう為エア漏れの原因になる事もあります。

エア漏れ後、画像のようにパンク修理剤を入れ処置
するのをよく見ますが、根本的に修理しないと腐食はとまらず、
更に進行してしまいます。(ひどい場合は修理不能になってしまいます)

パンク以外でエア漏れを起こしてしまった場合は
すぐに専門店へご相談下さい。

ご利用誠にありがとうございました。
またのご来店お待ちしております。

image1-2

image1-4

ワールドタイヤサービス
〒334-0076
埼玉県川口市本蓮2-8-12
TEL:048-285-2733
持込タイヤ交換・車検


タイヤエア漏れ ホイールゆがみ 曲がり

こんばんは。
オオカワです。

先日、タイヤのエア漏れ修理のご依頼をいただきました。

エア漏れ状態を確認させていただいたところ、タイヤとホイールの合わせ面から漏れていました。
漏れ箇所のホイール部分なホイールを擦った跡があったので、ゆがみ点検をしたところゆがみが発生してました。

タイヤを外し、キズや当り面の腐食等も確認しましたが特に見受けられませんでした。
今回のエア漏れの原因は、ホイールのゆがみ(曲がり)によるものでした。

最近では、ホイール径が大きくなりタイヤ厚が薄い車両が多くなっています。
タイヤ厚が薄い分襲撃を吸収する能力が減ってしまうため、
大きな段差を勢いよく超えた時や縁石などに擦ってしまうとゆがんだり曲がってしまう可能性があります。

小さなゆがみの場合ゆがみ修正にて修理は可能ですが、大きなゆがみの場合は修正しきれない事もあります。

エア漏れでお困りの方や、ホイールのゆがみ等でお困りの方は、お気軽にお問い合わせください。

dsc_3303dsc_3304

ワールドタイヤサービス
〒334-0076
埼玉県川口市本蓮2-8-12
TEL:048-285-2733
持込タイヤ交換・車検


BMW X5 E70 パンク修理

こんばんは。
オオカワです。

先日、N様のBMW X5のタイヤパンク修理を行いました。
右リアタイヤにビスが刺さり、先端が削れていましたが問題なく修理させていただきました。

ここで、パンクをした際の注意点を上げさせていただきます。

・1つ目は、刺さっている物(ネジや釘など)を見つけてもすぐに抜くのはNG ×
理由は、修理をする際にパンク箇所が何処か?どの角度で刺さっていたか? が分からなくなってしまうので、修理に時間がかかってしまいます。

・2つ目は、パンクした状態ではなるべく走行しない。
タイヤエアが、抜け切っている又は、極端に少ない状態ではタイヤが潰れていると思われます。
その状態で走行してしまうと、タイヤ内部のワイヤーやタイヤ側面を損傷させてしまう恐れがあります。
また、段差等でホイールに衝撃が伝わり、傷つけてしまったり歪んでしまったりと、
二次災害が発生する可能性があります。

・3つ目は、パンク修理剤の使用を避ける。
最近では、スペアタイヤが車両に無く、代わりにパンク修理キットが車載されている車両が多くなってきました。
釘などが刺さった状態でも、パンク修理剤をタイヤ内部に入れることで、エア漏れを一時的に止めることができます。
しかし一時的な応急処置のため、長くは持ちませんので根本的な原因にパンク修理が必要です。
パンク修理の際は、内部の修理剤を取り除かなければいけない為、
タイヤを一度ホイールからばらしタイヤ内部の洗浄が必要となります。
その為、タイヤをばらし内部洗浄を行う追加料金が掛かってしまいます。
タイヤ交換をする前提であればオススメ致しますが、そうでない場合はパンク修理剤の使用は控えたほうがいいと思います。

以上のことからパンクをしても慌てて刺さっている物を抜かず、まずはガソリンスタンドや、カーショップなどに修理を依頼することをオススメします。

dsc_3279dsc_3278dsc_3277

ワールドタイヤサービス
〒334-0076
埼玉県川口市本蓮2-8-12
TEL:048-285-2733
持込タイヤ交換・車検


パンク修理のポイント

こんばんは。
澁谷です。

先日QUAD DRIVE にて点検でお預かりさせて頂きましたお車の
タイヤがこんな状態に、、、

このサイドウォールの黒い線、お分かりになりますか?
これはパンク後、内圧が低い状態で数キロ走行したことにより、
サイドが潰れ、タイヤの繊維が削れてできる跡です。
パンク修理すれば一時的には使用可能ですが、(交換前提です)
サイドウォールはタイヤの一番弱い部分になり、
繊維が削れてしまうと尚弱くなり、走行中のたわみにより熱を生じバーストに繋がりかねないです。

パンク修理する際のタイヤの状態は特に注意しなければならず、
タイヤの状態を確認してからの作業となります。
異変にお気づきになられましたら点検されるようお勧めいたします。

image1 (2)

image2

ワールドタイヤサービス
〒334-0076
埼玉県川口市本蓮2-8-12
TEL:048-285-2733
持込タイヤ交換・車検


メッキホイールの腐食について

こんばんは。
高橋です。

メッキホイールに多い腐食について。

ホイールは地面に一番近い部品です。そのため、汚れや傷、
高温、雨水など過酷な状況下で使用されているので普段からの洗浄や
メンテナンスが重要になります。メンテナンスを怠ってしまうと、
傷から塗装の下に凍結防止剤が入り込んだり、ブレーキダストなど
の細かい金属片が突き刺さったままになり腐食が進みます。
また、空気圧の調整時に空気中の水分が混入しても腐食の原因になります。

腐食が始まってしまうと、進行を遅らせることはできても、止めることは
できません。腐食が進行しすぎると写真のようにホイールの内側まで腐食し、
塗装やメッキが剥がれてタイヤとホイールの密着力を低下させて、
エアー漏れを引き起こし大変危険です。ちなみにこの写真のタイヤは腐食によって
エアーが漏れてしまっていました。

弊社ではタイヤを組替えする時に、ホイール内側の点検をしております。腐食がある
場合はレベルにもよりますが修理も可能です。また、ドライヤ付きのコンプレッサーを
使用しているため内部に水分が入ることはありません。
窒素ガスを入れても腐食を防げますでお気軽にご相談下さいませ。

普段の洗車時には一緒にホイールの洗浄も行って腐食から守りましょう!

image1

image2

ワールドタイヤサービス
〒334-0076
埼玉県川口市本蓮2-8-12
TEL:048-285-2733
持込タイヤ交換・車検